効率的に処理できるfaxを一斉送信できるソフト

ダイレクトメールや、PCメールへ広告を送信することと同じように、faxを一斉送信して宣伝をする方法があります。このようなソフトは、文面、送信先、送信情報を把握し、文面の変更や、どのタイミングで送信先に送るのかなども指定できるようになっています。またエラーになった宛先を記憶し、再送やキャンセルも自動で行います。もちろん停止機能もありますから、リストから全てのデータを探す必要はないです。非常に効率的ですが、注意する点は、法の整備がされたという点です。相手に拒否されているにも関わらず、送り続けることは特定商取引法の中で明記されています。これは相手の機材やインク、紙を消費している上に、印刷機がいきなり動き出すことに、苛立ちを感じる方もいる、というだけの話では無く、時間なども適当に送られており、事務所が家の中にある業者の方は、夜中の受信音に驚くという例もありました。

faxを利用して一斉送信するソフトは色々ある

夜中に突然、機械が動きだし、紙が出てきて、訃報もしくは急ぎの要件かと思い内容を見れば興味の無い宣伝だったとなれば、とても腹が立つ話です。送る側は当然、このような失礼が無いように配慮する必要があります。最近のfaxは通常の電話回線だけでなく、インターネットを利用したものがあり、PCで送受信できるものがあります。このようなシステムを利用している相手先に対しては、メールでの受信が可能ですから、インクや紙の消費もなく、夜中に突然機械が動きだすこともありませんが、送受信時に料金が発生する場合があります。そこで電話回線を使ったパソコンfaxというソフトがあり、こちらも一斉送信をすることができますので、動作はかわりませんし、月額料金を抑えることができます。ただし機材の導入が必要になりますので注意が必要です。

faxで一斉送信ができるソフトを利用した専門業者もある

faxの一斉送信は、専門の業者もあり、また運送業者などもおこなっているサービスですが、パソコンのメールが普及した現代では、迷惑となる場合もあるようです。一般のご家庭や、企業間で送信をする時は、注意が必要になります。インターネット上でのソフトを使ったやり取りの中のひとつとして捉えられていますが、相手にも負担がかかるツールですので、同じ会社やご家庭に多用することは、辞めるべきです。それを考慮した上で、このような宣伝方法もメリットがあります。ダイレクトメールよりも安く宣伝ができますし、PCメールよりも確実に内容を見る機会があります。ただ反応率は0.1%とも言われていますので、過剰な期待はできないようです。それでもこのような方法が無くならないのは、方法次第では反応が良くなるという点です。ぜひ有効にかつ安全に使ってほしいです。