初心者でも簡単faxの一斉送信ソフトの取り扱い方法

faxと聞くと一般的には電話機に付属している機器を想像します。しかしインターネットが普及してきた最近では、電話機ではなくパソコンを使用したfax送信があたりまえになってきています。利点としては、通信料が安くなる事と複数個所への一斉送信がソフトやサービスを利用する事によって可能になる事です。多くの支社を持つ企業やダイレクトメールの送信にfaxを使っている企業などではコストの削減にもつながる為、非常に便利なものとなっています。また、ソフトを利用しない場合はインターネットfaxのサービスを提供している会社を利用する事で可能となります。一斉送信の可能件数はその会社によって異なってきます。では、インターネットfaxを提供している会社を利用する場合と、一斉送信が可能なソフトを利用する場合についてご紹介します。

faxを一斉送信する方法できるソフトについて

まずはインターネットfaxを見ていきましょう。このサービスを利用する時に添付できるファイル形式というものが決まっています。どれも一般的な形式なので心配ありませんが、基本的にはPDFファイルの形式に変換されて送信されるのが、インターネットfaxです。つまり、メールに添付できます。その為、外出先であっても閲覧できるのがメリットです。もちろん、添付できるファイル形式はサービスを提供している会社によって多少ちがってきます。また、WordやExcelで改ページ機能を使用していない場合、きちんとした区切りが表示されないといったトラブルになりかねません。そのため、確実に行なうのであれば、PDFファイルに変換してから送信する事がおすすめです。次に、ソフトを利用してfaxを一斉送信する方法についてご紹介します。

faxを一斉送信する方法、ソフトを利用する場合について

インターネットfaxとソフトを利用するパソコンfaxは、混同されてしまいます。大きな違いは、料金形態です。インターネットfaxはサービスを提供している会社に毎月料金を支払う必要があります。しかしパソコンfaxであれば、最初のソフトとfaxモデムのコストがかかるだけです。操作方法はとても簡単です。専用のプリンタドライバーを経由する事で原稿をセットする為、パソコンから印刷できるファイル形式であればどれでも原稿として送信できます。また、スキャナから画像を取り込んでセットする事も可能です。原稿をセットしたら、編集をします。これもソフト上で簡単に可能となっています。その上で、一斉送信する送信先を選択します。更に、インターネット経由で送受信できる機能を持っているソフトもあります。つまり、外出先でも閲覧が可能という事です。faxを一斉送信する機会が多い場合、コスト削減の為にも利用しては如何でしょうか。